アドセンス参加資格

 グーグルアドセンスには
 誰でも参加できるというわけではありません。

 まずはグーグルアドセンスのプログラムポリシー
 利用規約に従うことを約束しなければなりません。
 悪文の代表みたいな文章がずらずら書いてあります(笑)

 プログラムポリシーの概要は前回の記事にかいてありますが
 実際にアドセンスを始めようと思っている人は
 必ずグーグルの用意した上記ふたつのページには
 目を通すようにしてください。

 これまたしょっちゅう内容が変わりますので
 たまに目を通すことを習慣にした方がいいと思います。


 アドセンスのコンテンツ広告を表示させるためには
 グーグルアドセンスでサポートしている言語で書かれた
 サイトでなければなりません。
 日本語や英語なら問題ありません。
 他には
 中国語 (簡体/繁体)、イタリア語、クロアチア語、韓国語
 チェコ語、ノルウェー語、デンマーク語、ポーランド語
 オランダ語、ポルトガル語、ロシア語、フィンランド語
 スロバキア語、フランス語、スペイン語、ドイツ語
 スウェーデン語、ハンガリー語、トルコ語だそうです・・・
 アラビア語、ギリシャ語、ブルガリア語、ヘブライ語は
 検索向けアドセンスに限って使えるそうですが。


 言語は・・・まあこれを読んでいる人だったら
 大丈夫でしょう(笑)
 それよりもっと現実的な資格があります。

 年齢制限です。
 アドセンスは18禁です!どきどき。

 18歳未満の方は、アドセンスプログラムに
 参加することはできません。
 ご注意を。
 ・・・保護者の名義ならできるんですが・・・ぽそり。
 もちろんアドセンス広告をクリックするのは
 問題ありませんけどね。
 別にアダルト画像が出てくるわけではありませんのであしからず。


 アドセンス以外の広告を出していたら参加できないとか
 そういうことはありません。(※)
 ただし、この場合は別のルールを守る必要があります。
 同様に、アドセンス広告の広告主でもちゃんと参加はできます。

 ※資格申請の時は他社広告は外しておいた方が通りやすいです。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。