このGoogleアカウントはAdSenseアカウントに関連付けられていないようですが??

 このブログもそうですがGoogle AdSense自体も放ったらかしにしまくって数年。
 久しぶりに存在を思い出してログインしようとしたところ

 「この Google アカウントは AdSense アカウントに関連付けられていないようですが、問題はありません。AdSense に関連付けられた Google アカウントを使用してログインするか、または今すぐ AdSense アカウントを作成できます。 」

えええー
 超問題ありますって。
 かなり放置してますけど確かに昔()関連付けましたですよ。

 内心ああこりゃポイントサイトよろしく1年間ログインしてないからアカ削除しました的なアレか?
 っていうか最近Gさん何かやたら強気で冷酷だしそのくらいのことするかもな
 なんて思いもちらっとはよぎったんですが、泣いたフリしてググってみる←

 しかし相変わらずGのサポートページは何が言いたいんだかさっぱりだし(しかし日本語が自然になっているのに少々驚く)
 知恵袋系を見ても「キャッシュクリアしる」「垢間違ってんだろ」なんて回答ばっかり……

 と思ったらこちらのブログ
 「まずログアウトしてから再度ログイン」とありまして……

 いや確かに「このGoogleアカウントは〜」が表示されたページの右上には『ログイン』リンクが表示されているからログアウトしたものとばっかり思い込んでたけど、もしや……

 ってことで再度「Google」で検索し直してトップページに入ってログアウトしてみたらやっぱり違うアカウントで入りっぱなしだった!
 何という落とし穴/(^o^)\
 とりあえず困ってる皆さん、一旦そこ出てGメールでもGoogle driveでもグーグルのどっかのページでログアウトしてからアドセンスページでログインしてみてください……

 もともと私はHNを入れたグーグルアカウントを作っていてそれでアドセンスに登録しちゃったんですが、その後HNを知られたくない人用のメールアドレスとGoogle Driveが欲しくてもうひとつアカウントを作っていたのですが、そちらがログアウトされていなかったのです。

 ログイン中にも関わらずログインページが出てくるのがよく分からん。いやきっとそれがトラップなのでしょう……

 そんなわけで久々にログインしたら本当に雀の涙ずつの報酬が5000円ほど貯まっていて激しく反省。
 あのサポートページの訳の分からん日本語にうんざりしてアドセンス放置していましたが、こんなに何年経ってもちゃんとアカウントを置いといてくれて、報酬も取っといてくれたなんて……
 せめて消失したブログの広告とか整理しようかなぁ、いつか……

ブログランキング

住信SBI銀行とアドセンス

 イーバンク銀行が8月から入出金でさえ手数料を取るなどと
 ふざけたことを言い始めたのでそろそろ見切りを付けてやろうと。

 今までアドセンス報酬の受け取りはイーバンクにしていたのですが
 もはやネット銀行の最後の良心ともいうべき住信SBIへ変更。

 銀行コードってのがキャッシュカードに書いていなかったから
 検索して調べたらコードは『0038』。

 支店コードはちゃんと
 キャッシュカードに支店番号として書いてあったのでOK。

 全ての入力欄を埋めて送信!

 ……しようとしたら、
 「銀行口座情報が正しくありません」
 と赤い文字でエラー。
 銀行コードと支店コード部分にも。

 住信SBIネット銀行って、まだ新しい銀行だと言うけれど
 いくら何でも認識されないほど新しいってことあるのか?

 コードの入力ミスかもしれない。
 銀行コードを確認してみるけれどやっぱり『0038』。
 たった4桁の数字で入力ミスなんてアフィリエイトやめちまえって感じ〜。

 「間違って、い・ま・せ・ん!!」

 何も直さず、強引にもう一度送信ボタンを押したら


 ……何故か今度は
 「銀行口座情報が送信されました」

 なんでやねん。
 これってまずいんじゃないか?

 内心焦りながらググッたら
 ヘルプフォーラムにこんなんありました。

 住信SBI銀行
 『一回目はどうしてもバグが出てエラー表示されるようですが、強引に次へを押すと2回目は無事に登録できました

 どうやらそういう仕様らしい。
 でも本当に振り込まれるのかどうかが謎。
 とりあえずデポジットを申し込んでみます。

ブログランキング

記事をいっぱいに

 アドセンス審査通過用のサイト作りのお話を
 数回にわたってしています。

 ここではブログを作ることを前提にお話を進めます。

 ブログのテーマですが、アドセンスの禁止事項
 「ブログの内容」で紹介したような禁止カテゴリは
 当然避けてください。
 詳しくは⇒Google AdSense プログラム ポリシー

 そしてどうやら商人魂あふれるサイトも嫌われるようです。
 アフィリエイトサイトなどをぶつけるのも
 やめたほうがいいです。


 大切なのは記事をたくさん書くことです。
 承認されない理由のひとつに
 コンテンツの不足
 があります。
 グーグルは世のため人のためになるような良質なサイトに
 アドセンス広告を掲載したいのです。

 ・・・とはいえ、初心者でいきなりそんな
 ダイターン3なサイトを作るのは正直難しいです。
 だ・・・ダイターン3知ってる・・・?
 ↓これ・・・
 
 世のため人のためです波乱万丈くん。

 ・・・おたく話はどうでもいいです;

 で、初心者の人は何を作ったらいいかというと
 日記ブログ。
 これが審査に通過しやすいらしいのです。

 日記とは言え
 「今日は『華麗なる一族』を見ました。
  キムタクかっこいー!」
 とかの覚え書きみたいなものではだめです・・・

 これは後々も意識しなければいけないのですが
 私が聞いたところによると1記事に最低でも400文字以上
 安全を求めるなら800文字はあったほうがいいとか何とか。

 文字数はこちらのツールで簡単にチェックできます。
 野島家研究所/文字列の文字数を調べる
 文字数で聞くとちょっとひいてしまうかもしれませんが
 実際に計ってみると意外と少ないものだったりします。


 ・・・で。

 ひとつ記事が書けたからと言ってすぐに申請してはいけません!
 できれば半月くらいは書いてください。

 本気で続けると腹が据わっている方なら
 一気に書いて日付をずらして投稿してしまう
 という手もあります。
 しかし、そのあとが続かなくて
 知らない間にアカウント取消・・・だなんて笑えません。

 一回アカウントを消されてしまうと再チャレンジは
 なかなかできるものではありません。
 どうぞグーグル先生とのお付き合いは慎重に。

 まずは気軽にブログで日記をつけてみて下さい。
 お金を払うでもなく、誰に迷惑を掛けるでもなく始められ
 そこからお小遣いが発生するならちょっと嬉しくなりませんか?
 もしも今後、本格的にアフィリエイトに取り組むことになったら
 毎日毎日地味につけていたこの日記は
 強力な武器にもなり得ます☆

 ついでに、さらに確実性を高めるのでしたら
 日記にテーマを決めるといいと思います。

ブログランキング

サブドメインのブログを探す

 前回長くなってしまったので後回しにした
 「サブドメイン」のお話です。

 SEOと言うのは、簡単に言うとヤフーなどの検索で
 いかに上の方に表示させるかという努力です。
 詳しくはまた後々説明しようと思っていますが
 とりあえず前回サラッと言った「サブドメイン」は
 そのSEOに有利なのです。

 詳しく書いていくとSEO対策で数ヶ月掛かりそうなトロさですので
 とりあえずそのSEOに有利と言われている
 サブドメインのブログを探してみます。

 前回に挙げたブログはBlogger以外は全部サブドメインですが
 初心者の方が簡単にサブドメインかそうでないかを見分ける方法。

 ブログのトップページにはたいていお勧めブログとか人気ブログとか
 そのブログサービス内でのブログが紹介されていると思います。
 そのブログ群を実際に開いてみて、アドレスを見ます。

 アドレスはここで見ますよ〜
s-ad.jpg

 サブドメイン型であるFC2ブログだったら、どのブログも
 http://○○○.blog●.fc2.com/〜
 の形になっています。
 「○○○」の部分がブログによって違います。
 ●部分はサーバIDでそれぞれの数字が入ります。

 これがもしサブドメイン形式でないブログだと
 http://blog.livedoor.jp/○○○/〜
 のように、「http://〜〜/」の後に
 そのブログ固有の文字が並びます。

 ですので、どのブログを開いても
 http://の後ろから次の/までの文字は同じになっています。


 http://○○○.seesaa.net/article/33509081.html
 のように何だかよくわかんない文字がいっぱいくっついていたら
 とりあえずブログタイトルをクリックして
 ブログトップページに移動してアドレスを見てください。

 ブログタイトルは大抵ページの左上にあります。
 ここだったらオレンジ色のでっかい「よいこのグーグルアドセンス」。
 「新着記事」のリンクからブログに飛ぶと、こうなっていることが多いです。


 ちなみに後者のアドレスはライブドアブログ無料版のものです。
 とても使いやすいと評判のブログです。


 どうしてもサブドメインじゃなきゃダメ!ということはありません。
 まずは自分が好きになれる、使いやすいところを選ぶのが一番です。
 最近はブログのお引越しも簡単にできますのでv

ブログランキング

仕上げ




 それにともなってなんですが
 ブログにもともとくっついている広告。
 審査に申請するときは、外せるものは全部外しておきましょう。
 ただしブログサービスの規約をよく読んでからです。
 でないとグーグルではなくブログ提供会社に怒られます。


 まあ、そう言った小手先のテクニックはまた
 おいおい紹介していきますが

ブログランキング

日記のテーマを決める

 アドセンスでの収入は広告のクリック数です。
 たくさんクリックしてもらうためには
 たくさんの人に来てもらうのが一番です。

 たくさん人が来るブログってなんだろうと考えると
 やはり役に立つ情報のあるブログではないでしょうか。


 別に今はアドセンス審査に通過させるためだけに作るのであって
 アクセス数なんてどうでもいいという方は
 今回の記事は気にしないで下さい。

 今回はアドセンスに通過した後
 そのまま多少なりともそのブログをキャッシュポイントにしたい人向け。


 前回、お役立ちブログを作るのは
 初心者にはなかなか難しいとか言っていましたが
 日記ブログでもお役立ちブログに変身させる方法はあります。

 ひとつのテーマで日記を書くこと。

 そんだけです。

 本が好きだったら読書日記とか、映画なら映画日記とか
 ちなみに私はおたく日記とか書いてますが(笑)

 そういう日記は、同じ趣味の人にとっては
 わりとお宝な情報が転がっていたりするものですので
 詳しくもない人がウィキペディアで情報拾ってコピペしたサイトより
 よっぽどお役立ちなのです。

 最近「無趣味」って人をよく見かけますが、例えば
 子育て日記とか、お仕事日記とか、
 自分の属性に沿った日記を書くのも
 やはり同じ属性の人には楽しいサイトですよね。

 ただし、お小遣い稼ぎ日記はやめておきましょう・・・
 グーグル先生、がつがつした人あまり好きじゃないみたいですので;

 あと、お仕事日記はいいのですが
 うっかり社外秘情報なんて書いたら首になりますので
 その辺もお気を付けを(笑)
 首で済めばいいです・・・

 ・・・あ、「日記」と言うことで思い出しましたが
 最近流行のミクシィ。
 ここにはアドセンスは貼り付けられませんのでご注意を。
 まずは商業利用可能かどうかを確認してから
 ブログを選んでくださいね。

ブログランキング

審査に通過するブログ

 これまでにアドセンスの約束ごとを色々と紹介してきました。

 さてここで、参加しようにもサイトを持っていなければ
 アドセンス広告の貼りようがありません。
 というわけで、そういったものを持っていない人は
 用意してみましょう。
 せっかくなのでグーグルの審査に通りやすいようなものを
 作りたいものです。


 初心者の方におすすめなのはブログです。
 HTMLだのCSSだのがわからなくても
 自分のウェブサイトを持つことができるからです。

 無料のサービスを利用するのでしたらサブドメイン型の
 seesaaブログ
 FC2ブログ
 JUGEM
 ウェブリブログ
 DTIブログ
 などがSEO対策を考えてもおすすめです。
 ※ウェブリブログはBIGLOBE会員以外は
  アドセンスは貼れないみたいです・・・
  無料で会員になる方法もあるらしいですが

 SEOについてお話を始めると恐ろしく長くなってしまうので
 またいずれお話しようと思っています。
 が、それだとブログ選びで戸惑ってしまうので
 「サブドメイン」の見分け方は次回お話します。

 噂ではグーグル提供のBloggerは審査に通りやすい
 とかいう風にも聞いております。
 ここを使ってみるのも手かも!

 今現在ブログを持っている方は
 わざわざお引越しする必要はありません。
 アドセンスは、ひとつのウェブサイトが審査に通過すれば
 他に持っているそれにも貼ることができるからです。

 もちろん、プログラムポリシーに違反していないサイトであることが
 必須条件ですが。
 こちらなどご参考に⇒アドセンスの禁止事項

 ただし、持っているサイトでギャンブルやお金のお話
 もしくは性にまつわるお話とか・・・えっとつまり
 普段猫を被る相手に見せられないお話をしているなら
 アドセンス審査用のブログを別に作ったほうがいいと思います。

 とりあえずあちこち覗いてみて
 自分の使いやすいブログを探してみるといいと思います♪

 あ、でも「アフィリエイト不可」「広告貼り付け不可」
 というブログは、そもそもアドセンス広告を貼れないので
 そういうところは避けてください。


 ブログサービスを契約しただけで
 いきなりアドセンスの審査を申し込んではいけません。
 グーグルには、どういうブログサービスか、ではなく
 どういう記事を書く人か、ということを審査されるからです。

 これから数回にわたって、私が聞いた
 「審査に通りやすいブログ」のポイントを紹介してみようと思います。
 よろしければ参考にしながらブログを作ってみてください。
タグ:ブログ選び

ブログランキング

アドセンス参加資格

 グーグルアドセンスには
 誰でも参加できるというわけではありません。

 まずはグーグルアドセンスのプログラムポリシー
 利用規約に従うことを約束しなければなりません。
 悪文の代表みたいな文章がずらずら書いてあります(笑)

 プログラムポリシーの概要は前回の記事にかいてありますが
 実際にアドセンスを始めようと思っている人は
 必ずグーグルの用意した上記ふたつのページには
 目を通すようにしてください。

 これまたしょっちゅう内容が変わりますので
 たまに目を通すことを習慣にした方がいいと思います。


 アドセンスのコンテンツ広告を表示させるためには
 グーグルアドセンスでサポートしている言語で書かれた
 サイトでなければなりません。
 日本語や英語なら問題ありません。
 他には
 中国語 (簡体/繁体)、イタリア語、クロアチア語、韓国語
 チェコ語、ノルウェー語、デンマーク語、ポーランド語
 オランダ語、ポルトガル語、ロシア語、フィンランド語
 スロバキア語、フランス語、スペイン語、ドイツ語
 スウェーデン語、ハンガリー語、トルコ語だそうです・・・
 アラビア語、ギリシャ語、ブルガリア語、ヘブライ語は
 検索向けアドセンスに限って使えるそうですが。


 言語は・・・まあこれを読んでいる人だったら
 大丈夫でしょう(笑)
 それよりもっと現実的な資格があります。

 年齢制限です。
 アドセンスは18禁です!どきどき。

 18歳未満の方は、アドセンスプログラムに
 参加することはできません。
 ご注意を。
 ・・・保護者の名義ならできるんですが・・・ぽそり。
 もちろんアドセンス広告をクリックするのは
 問題ありませんけどね。
 別にアダルト画像が出てくるわけではありませんのであしからず。


 アドセンス以外の広告を出していたら参加できないとか
 そういうことはありません。(※)
 ただし、この場合は別のルールを守る必要があります。
 同様に、アドセンス広告の広告主でもちゃんと参加はできます。

 ※資格申請の時は他社広告は外しておいた方が通りやすいです。

ブログランキング

アドセンスの禁止事項

 グーグルは割と無情にアカウントを停止したり抹消します。
 魅力的なプログラムですので、参加希望者はいっぱいいるし
 ガツガツ囲い込む必要もありませんからねぇ。
 まさに「私は死んでも代わりはいるもの・・・」
 おたくネタに走っていないで、とっとと逆鱗を紹介します。
 申請する前に知っておいたほうがいいことです。

 ■自己クリック

 自分で自分のサイトの広告をクリックしてはいけません。
 バレます。挙句にアカウントを剥奪されて
 今までためてきた報酬までパアになります。
 お友達に頼んでクリックしてもらうのもいけません。

 ■不正表示

 世の中には便利なツールが出回っていますが
 自動クリックツールだとか、広告をクリックしてくれるような
 システムやサービスだとか、そういう怪しげなものを
 使ってはいけないのです。
 さすがにそういうものに手を出すときは「これって平気?」と
 思うものですが、特にアドセンスに関しては「大丈夫?」と
 思ったら手を出さない方が賢明です。
 一度広告を貼ったら、後は時と人の流れに身を任せるのみ。

 そういうものは自分で気をつけていればいいのですが
 厄介なのはアドセンス狩りです。
 同一IPによるクリックが不自然に行われていると
 アカウントを削除されます。
 そのことを知っている人が、悪意を持って何度も何度も
 アドセンス広告をクリックすることを
 アドセンス狩りといいます。
 これも何故かプログラム参加者の責任になります。
 対策についてはまた書いていこうと思います。

 ■クリックの誘導

 ついうっかりやってしまいそうですが、「ここをクリック↓」
 「サイト運営を応援してください」「おすすめサイト」などと
 アドセンス広告付近にクリック依頼のコメント。
 これはやってはいけません。
 アドセンス広告の見出しに出来るのは
 「広告」「スポンサードリンク」のふたつだけです。

 最近は画像を使って閲覧者の目をひきつける方法も
 アカウント停止処置の対象になっているようです。

 他にスパム行為など不正な手段でサイト自体を
 過剰に宣伝することも禁止事項に入っています。

 ■サイトの内容

 基本的にはアドセンスプログラムのサポートしている
 言語で記述されているサイトであるということが前提です。

 サイト自体の内容に、以下のものを含んでいてもいけません。
 〜以下引用はGoogle AdSense プログラムポリシーより〜
  • 暴力的、人種差別的、または個人、団体、組織を誹謗、中傷するコンテンツ

  • ポルノ、アダルト、または成人向けコンテンツ

  • ハッキングやクラッキングに関連したコンテンツ

  • 違法な麻薬または麻薬関係の道具

  • 過度の不適切な表現、その他公序良俗に反する表現を含むコンテンツ

  • ギャンブルまたは賭博に関連したコンテンツ

 一言で言えば「公序良俗に反するサイトお断り」。
 麻薬だとかハッキングだとかなんてのはさすがに
 そうそう書く人はいないでしょうが
 競馬がどうの、パチンコがどうの、彼とのえっちがどうの
 なんてうっかり書いちゃうかもしれないですね(笑)
 日記ブログだったら書くなというほうが無理と
 思えなくはないです・・・
 両親、恩師、自分の子供に見せても恥ずかしくないサイト
 というのがグーグルの希望なのでしょうね。

  • 広告やサービスのクリック、検索、ウェブサイトやメールの閲覧に対してユーザーに報酬を提供するプログラムに関連したコンテンツ

  • コンテンツやコードにおいて過度、反復的、不適切なキーワード使用が行われているウェブサイト

  • サイトの検索エンジンの順位 (サイトのページランクなど) を向上する目的の不正なコンテンツまたは構成

 アフィリエイト初心者のかたは気をつけてください。
 SEOスパムもお断りだそうです。
 例に挙げられているのはSEOの「裏技」です。
 グーグル先生は真面目にこつこつ頑張る人がお好きなのです。
 SEOの裏技と正攻法との判別については
 またいずれ書こうと思っています。
  • 武器または弾薬 (銃火器、戦闘用ナイフ、スタンガンなど) の販売や宣伝

  • ビールまたはアルコール度の高い酒類の販売や宣伝

  • タバコまたはタバコ関連製品の販売や宣伝

  • 処方薬の販売や宣伝

  • 偽造、模倣ブランド品の販売や宣伝

  • 期末レポートまたは論文の販売や配布

  • その他の不法なコンテンツ、不法行為を促すコンテンツ、他人の法的権利を侵害するコンテンツ

 サイトで商的取引をしている人は
 上のものに引っ掛かっていないか気をつけてください。
 論文売るのもダメです(笑)
 薬、お酒、煙草はともかくとしても
 「私、こんなの売ってるの」と言ったときに
 眉をひそめられるようなものの販売サイトはいけないのです。
 清らかな世界です・・・

 ■著作権の侵害

 人の書いたものを自分が書いたように見せてはいけません。
 人の作ったものを自分が作ったように見せてはいけません。
 人のアイディアを自分のアイディアのように言ってはいけません。
 アドセンスがどうのと言うより先に訴えられます。

 アドセンスを貼るのだったら二次創作サイトも
 避けるべきだと思います。
 二次創作は立派に著作権の侵害ですからねぇ・・・
 しかし中にはブロッコリーのように
 「二次創作大歓迎!」なんてアニメ制作会社もありますし
 「さくらたん萌え〜!」とか叫んでいるだけのファンサイトなら
 別に著作権の侵害じゃないし(画像添付はアウトです)
 一概に同人サイト全部ダメ!とも言い切れないのですが。

 ■アドセンスコードの変更

 アドセンス添付の際、タグが表示されます。
 これは何があろうと絶対に手を入れてはいけません。
 別窓で広告開きたいと思ってtarget指定を加えたり
 javascriptでポップアップ表示なんてしてはいけません。
 また、閲覧者に激しく迷惑を掛ける仕掛けのあるサイトも
 だめだそうです。
 最近見ませんが、延々とウインドウが開き続けるページとか
 勝手に何やらダウンロードさせようとするページとか
 強制終了しないと閉じられないページとかありましたねぇ。
 迷惑を通り越して怖かったです。
 自分でタグを組まなくても、ツールやサービスを使って
 面白おかしくそして閲覧者にとっては恐怖の仕掛けを施した
 そんなページにアドセンスは貼れません。

 ■広告の掲載方法

 アドセンスコンテンツ広告は1ページに3つまでです。
 これとは別に、ユニット広告というのがありまして
 これはコンテンツ広告と並行してひとつだけ置けます。
 また、アドセンス自体を紹介する広告があります。
 これはやはり並行して2つまで。

 さらにグーグル検索を設置することによって収益を得られる
 プログラムもあるのですが、その検索は2つまで置けます。
 その検索結果ページもカスタマイズできますが
 そのページにユニット広告をひとつ置けます。
 検索も他広告と同時に設置できます。
 
 広告や検索をメールにくっつけることはできません。
 ポップアップやポップアンダー形式での表示もできません。
 スタイルシートの設定ミスで広告の一部が隠れてもいけません。

 サイト自体に内容がないのもダメです。
 広告を表示させるためだけに作った空のページですと
 まず広告に何も表示されなくなります。
 おまけにそれがグーグルに見つかると
 「コンテンツ不足」の警告とともにアカウント停止です。

 ■紛らわしい他広告

 アドセンス自体は、他の広告が貼ってあるサイトにも
 貼り付けることができます。
 ただし、その「他の広告」が
 アドセンス広告と同じように見えてはいけません。
 色なり形なり、変えなければいけないとのことです。


 長々と書きましたが、要するに
 「閲覧者のためになるサイト」であることが必要である、と
 つまりそういうことなのでしょう。

 最近はアフィリエイトの流行で色々な便利ツール、サービス
 そして裏技が普通に誰にでも手に入ります。
 そういうものに手を出さず作られたサイトなら
 まず問題はないのだと思います。

 それでもやっぱり1円でも多く稼ぎたい
 検索上位の有名サイトになりたいなど
 ささやかな欲望のある方は
 何か仕掛ける前にこういうことに違反していないか
 チェックしてからにした方がいいかと思います。

ブログランキング

Google AdSenseとは

 グーグルアドセンスとは、広告配信サービスです。
 参加は無料です。

 私もいくつかブログやサイトを持っていますが
 アドセンスを利用しているのはブログのみですし
 初心者の方がとっつきやすいのはやはりブログでしょうから
 ここではブログで利用することを前提に書こうと思います。

 グーグルに申請し、アドセンス広告をブログに貼ると
 そのブログ内容に関連した広告が勝手に表示される
 おりこうなサービスです。

 たまに妙なものを拾われて謎めいた広告集ができますが・・・
 私のHNは「美馬」ですが、おたくの私のお気に入り
 アニメキャラの名前が「蔵馬」。
 見事に馬まみれで操作の方法がわかるまで
 競馬情報サイトみたいになってました(笑)
 これについてはまたいずれ・・・

 申請については難しいものではないのですが
 審査は意外と気難しかったりします。
 いったん蹴られると次から審査がぐんと厳しくなるそうなので
 一発で通過する方法も近々書こうと思います。
 厳しいチェックをしている割に、対応は迅速です。

 なかなかにありがたいのが広告の形態。
 何パターンも広告フォーマットが用意されており
 背景色、文字色などいじりたい放題ですので
 いやらしくない広告が打ち出せます。
 商魂ばりばり!はイヤというかたにはお勧めv
 それに、出てくる広告がブログの内容に沿っているので
 考えようによっては閲覧者さんのためにもなる?かも。

 よく見る「Ads.by Google」という広告のほかに
 ブログにグーグルの検索機能をつけて
 その検索結果のページにくっついている広告で
 収益を得ることもできたりしちゃいます。
 もちろん使うもよし、使わないもよし。
 この申請は通常のアドセンスと一緒にできます。

 収入は広告がクリックされた回数。
 成約は関係ないので、押し売りの必要はありません。
 気が楽ですよねぇ。
 有能セールスマンには物足りないと思いますがw
 広告の表示回数に対しても支払いが行われます。
 しかしこれがまた落とし穴で、表示されりゃあいい・・・
 というものでもありません。
 
 アドセンスの表示方法はHTMLタグの埋め込みですが
 タグ自体はグーグルで用意してくれているので
 初心者の方でも簡単です♪

 セールス能力、タグ打ち能力が不要で
 他のクリック型広告に比べると桁違いの報酬
 というのがグーグルの魅力。
 とは言え、グーグル先生は結構気難しかったり
 意外な落とし穴があったりしますので
 どうにも怖くて触れない、というのが正直なところ。
 これではちょっともったいないので
 真面目にお勉強してみようと思います。
 だって先生が言う通りにすれば別に
 居残りやトイレ掃除させられませんものね!
タグ:AdSense

ブログランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。